妊娠中の肌荒れ原因と対処法

妊娠中はホルモンバランスの変化により、肌荒れが大変起こりやすくなります。
妊娠初期や産後の肌荒れがあまりにも酷くて、マスクなしでは外出できないと言う方もいるんです!

 

そんな酷い肌荒れの対処法を経験を交えて紹介したいと思います。

 

妊娠中の肌荒れ原因と対策@妊娠で髪がパサパサになった人は注意が必要

 

妊娠期特有の肌荒れとは

ある妊婦さんは初めての妊娠で8週目に入った頃、どんな保湿ケアをしても良くならない唇の乾燥が起こり常にガサガサの状態になりました。
ニキビも顎や頬を中心に出来始め洗顔をしっかりしても一向に改善しなかったと言います。

 

結局、唇の荒れは出産直前まで治ることなく続き、ニキビに関しては妊婦8ヶ月頃に一度引いたものの産後に振り返してしまったんです。

 

一度目の経験から二度目の妊娠時にはしっかり対策!
一度目の妊婦時の酷い肌荒れを繰り返さない為に、2度目はしっかり対策をしました。

 

夜更かしをせず睡眠をたっぷりとり、食事も油物をさけて栄養バランスを考えるなど生活習慣をしっかり整えました。
夏場には肌のベタつきを感じたら直ぐ肌への負担が少ない泡洗顔でサッパリする様にし、唇のケアもリップクリームではなく更に保湿力が高いと思われるワセリンに変えました。

 

 

対策の結果、肌荒れの状態は?

妊娠中の肌荒れ原因と対策@妊娠で髪がパサパサになった人は注意が必要
しっかりと対策した甲斐があり、やはり肌荒れは感じるものの顔を隠して外出したいと思う程に酷くはなりませんでした。
全体的にニキビの量も減り、唇もワセリンの方がリップクリームよりも保湿力が高いせいか、前回ほど荒れる事はありませんでした。

 

あなたへのアドバイス

妊娠中の不安や心配事などは精神的なストレスとなり、肌荒れに悪い影響を与えることもあります。
一人で溜め込まず、妊娠中の肌荒れにオーガニック化粧水ランキングに話を聞いてもらうようにしましょう。

 

妊娠中は体調の変化により様々な症状に悩まされます。
その上に肌荒れまでしてしまっては、気分が憂鬱になってしまいますよね。
肌荒れは対策次第で症状を軽減できるものです。
少しでも快適な妊娠生活を送る事が出来るようにしっかりと対策しましょう!